大人ニキビはお肌に優しく負担をかけずに

ニキビケアは肌に負担をかけないのが一番

大人になってからのニキビは治りにくい。ニキビケアをする前に自分の肌をよく知ることが大事である。よくニキビは皮脂が多いから出来ると思われがちだがそういうわけでもなく、乾燥肌の人にも出来る。ニキビケアは間違った方法をすると悪化させてしまうので、正しい方法を知るべきだ。

一番は肌に負担をかけない。メイク落とし、洗顔をするとき、気持ちはゴシゴシと洗いたいが、これでは肌を傷めてしまう。たっぷりの泡で洗顔し、肌に手が触れないように泡を転がすように洗い、優しく洗い流す。化粧水はたっぷりと叩きこむのである。基本的な洗顔こそニキビケアに繋がるのである。それでも治りずらいニキビは手で押したりなどせず、皮膚科に診てもらうことが一番である。

寝ている間のニキビケア

肌にできたニキビを治したり、清潔に保ったりするのに寝ている間の時間は貴重だ。寝ている間の塗り薬や、寝る前のパックなどの特別手入れをしてもなかなか治らない人は寝ている環境を改善してみると良い。ニキビケアには患部を清潔に保つ事が重要だが、寝具が汚れている場合は改善されにくい。枕カバーや、その上に敷いてあるタオルが汚れていてはどんなに患部を清潔に保っても汚れてしまうのだ。また、ヘアケア商品がニキビを悪化させる要因になる場合もある。

髪に塗って寝るヘアケア商品は脂分をたくさん含んでいる場合も多く、寝返りなどして幹部に髪が触れるとニキビが悪化してしまうのだ。また、気にしすぎて睡眠不足になるのもニキビを悪化させてしまう要因となるので、寝具を清潔に保ち、良い睡眠を取れるようにすると良い。